セイルドライブ用 ゴリ3ブレードプロペラ

通常納期:約1週間
ハルとプロペラの最低クリアランス目安はダイア径の10%程度です。
サイズ違いによる返品・交換などの対応はできません。
サイズについて不安がある場合は必ず下記のプロペラ計測サイトで適切なサイズをご確認ください。
プロペラサイズ計測サイト

適用エンジン ダイヤXピッチ 税別特価
2GM20 SD20(ヤンマー) 15X11 LHS ¥384,000
3GM30 SD20(ヤンマー) 16.5X12 LHS ¥400,000
3JH2CE SD31(ヤンマー) 16.5X11 LHS ¥400,000
3JH4E SD(ヤンマー) 18X12 LHS ¥466,000
4JH4E SD(ヤンマー) 18X16 LHS ¥466,000
MD2020 130SD(ボルボ) 15X10 LHS ¥384,000
MD2030 130SD(ボルボ) 16.5X11 LHS ¥400,000
MD2040 130SD(ボルボ) 16.5X13 LHS ¥400,000
D1-30 SD(ボルボ) 16.5X11 LHS ¥400,000
D2-40 SD(ボルボ) 16.5X12 LHS ¥400,000
D2-55 SD(ボルボ) 20X13 LHS ¥516,000

※3翼セイルドライブ用取扱い説明書pdf

Gori – 3ブレードフォールディングプロペラの特徴
■3ブレードプロペラは 2ブレードに比べ非常にバランスがよく、その結果 振動が少なく より効率的に推進力を得ることが出来ます。さらに「ゴリ3ブレードプロペラ」には【オーバードライブ機能】があり、より低いエンジン回転数で同じスピードが得られるようにデザインされています。
■また閉じた状態でのドラッグ抵抗が非常に小さく、セーリング時のアドバンテージはもちろんのこと「藻」やロープなどの引っ掛かりも最小限です。
セーリング時 セーリング時、ブレードは自動的に閉じています。ブレードを閉じた状態に保つためには、シフトレバーを後進に入れてシャフトをロックさせておきます。
前進時 シフトレバーを前進に入れれば自動的にブレードは前進位置に開きます。「オーバードライブ」状態から通常の前進にするには一度シフトレバーを中立にして船のスピードを1ノット位に落し、ブレードが閉じてから再度前進に入れます。
後進時 後進状態のブレード位置は、前進状態の位置に対して180度ふれた位置になり、後進でも同じ形状のエッジで水をかきますので非常に効率的です。
前進オーバードライブ オーバードライブ機能は、船を一度後進させ、プロペラを後進状態に保ったままシフトレバーを前進に入れることによって得られます。後進のブレード状態のまま、より強力に前進力を得ることが可能になります。(※オーバードライブ機能は、凪の状態での機走と機帆走の時のみ使用します。またオーバーロードとなるのでエンジンの回転は最大限まで上げないで下さい。)
3bldLHS
3bldLHS
3bldLHS
3bldLHS
3bldLHS
3bldLHS
3bldLHS
3bldLHS
3bldLHS
3bldLHS
3bldLHS
3bldLHS
3bldLHS
3bldLHS
商品番号:3bldLHS

セイルドライブ用 ゴリ3ブレードプロペラ

ダイヤXピッチ
在庫状態:在庫切れ 予約注文可
¥390,000(税別)
数量